毎日使うマットレスの選択

寝具の1つマットレスは、全体重を預けて使用する重要なアイテムで、しかも毎日欠かすことのできない身近な存在です。

マットレス選びは、目的を考えると検討しやすくなりますから、まずは適度に反発して沈み込みを抑え、姿勢を一定に保つ機能について再確認することが大切です。敷布団は綿をクッションに綿を使用しているので、適度な硬さと柔らかさを兼ね備えています。ただ、これは床に敷いて眠ることを前提とした作りですから、ベットとなるとまた違ってきます。面で体重を支えてあまり沈み込まないボンネルコイルのマットレスは、床に敷いた座布団に似た寝心地で、これが選定の基準になります。

ポケットコイルのマットレスは、従来の敷布団やボンネルコイルとは異なる、より理想的な寝具の形です。完全な点ではないものの、分割された小さな面積で体重を支えますから、限りなく点に近い寝心地が得られます。ポイントは身体の形に合わせた形状の変化で、最適な姿勢を保ちながら、程良い反発力を発揮します。

手頃で種類が豊富なウレタンタイプは、反発力よりも柔らかさを重視して使用されるケースが多いです。低反発素材は一見すると理想的ですが、沈み過ぎによる身体の負担が生じて、腰に疲れや痛みが出ることがあります。勿論、体重によって反発具合は変わりますから、実際に寝て試してみないと身体に合うか否かは分からないです。マットレスを選ぶ時はまず、堅めか柔らかめを選び、次に好みに合うタイプを絞り込んで試してみるのが理想的です。最低でも1ヶ月くらい毎日使うのがベストですから、返品制度ありでお試しできる製品が狙い目です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *