布団の打ち直しおする時の注意点

布団の生地が傷んだり、綿のふっくら感が失われたら打ち直しをすると快適な状態に戻せます。

布団の打ち直しは、購入時に近い状態に戻すだけでなく、サイズを直したり重さを調整したりという目的でも行います。木綿・綿混・羊毛綿なら打ち直しが可能です。押入れに入れっぱなしでぺちゃんこになった状態でもほぼ新品同様に生まれ変わりますが、打ち直しをすればどんな布団でも快適な状態に戻せるわけではありません。長年愛用した布団などは綿の寿命で買い替えたほうが良い場合もあるため見極めが必要です。

新品を購入することを考えれば、費用は半額または3分の2程度で済むのでお得です。たたくと大量のホコリが出たり、カビ臭い、重くて上げ下ろしが大変などの悩みを解消できます。固くなった繊維を機械でときほぐすと、保湿性・吸湿性が向上します。綿の中にいるダニやホコリも取り除かれるので衛生的です。依頼は専門店やクリーニング店で請け負っています。

依頼する際の注意点は、側生地の破れを補修したい、重さやサイズを調整したいなどの要望をしっかり伝えることです。綿の種類や状態、使用年数などによっては新品の購入をすすめられることもあるようです。ベッドやマットなどの睡眠環境の聞き取りや、綿の量を事前に確認する業者なら安心して任せられます。快適な睡眠環境を整えるためには、知識と技術を兼ね備えている業者かどうかしっかりと確認してから依頼するのがポイントです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *