クリーニング以外でも羽毛布団を洗う方法はあります

布団や毛布を洗う場合、自宅でもできますが、クリーニングに出すと非常に綺麗になり、傷むことありません。

しかし、クリーニングに羽毛布団を出すと、最低でも3000円前後は払う必要があるので、金銭的負担を避けたい場合は、自宅でも洗うことができます。しかし、自宅で羽毛布団を選択する場合には、いくつかの注意点があります。まず、大きな洗濯ネットが必要です。ネットを使用しないで洗濯機で洗うと、中に入っている羽毛が偏ってしまいます。また、洗剤に関しても注意が必要で、中性洗剤を使用すると、羽毛が傷んでしまうことがあります。

羽毛が傷んでしまうと、十分な保温能力を持たなくなるので、毛布などの買い増しが必要になる可能性があります。洗剤は、おしゃれ着用洗剤を使い、羽毛を傷めないようにします。羽毛布団を選択すること自体は比較的簡単ですが、その後、しっかりと乾燥させる必要があります。しっかりと乾燥させないと、中の羽毛に水分が残ってしまうます。この場合、羽毛が腐ったりカビが生えてきたりするので、異臭やアレルギーの原因になります。

クリーニングに出さなくても、羽毛布団は自宅で選択することが可能です。しかし、洗う際には注意が必要です。また、洗濯はできても、しっかりと乾燥させることが難しい場合もあります。特に、冬場に布団を十分に乾燥させることは、実際には困難です。冬場に羽毛布団を選択する場合には、乾燥だけはコインランドリーで行うことも良い方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *