羽毛布団のクリーニングのタイミング

羽毛布団はふかふかとした気持ちの良い寝心地が人気となっています。

その寝心地を維持するためには適切なタイミングでのクリーニングが必要となります。クリーニングをした直後は寝心地がよく感じられることから、冬になる直前でクリーニングに出す方もいますが、これは得策ではありません。洗っていない夏の間に汚れの吸着が進んでしまうからです。羽毛布団は通気性が優れているので水分は適度に放出していますが、汗や皮脂に関してはこの限りではありません。

洗うことを遅らせれば遅らせるほど、汚れが定着してしまいます。そのため、羽毛布団をクリーニングに出すのであれば、夏用の布団に変えて使わなくなったタイミングがお勧めです。ちょうど暑くなってきた頃ということです。羽毛布団は表面的な汚れを感じにくい布団です。これは高い放湿性のおかげです。また、何度も何度も洗うことによる羽毛や生地の痛みの問題を考えると、あまり洗ってもらいたくないと考える方もいるかもしれません。

しかし、羽毛布団の内部では汗や皮脂が蓄積し、そのふかふか感を徐々に奪っていきます。やはり、一定の間隔を空けた上でクリーニングに出すことは不可欠と言えます。頻繁に出すことはデメリットを生んでしまうこともあるので、だいたい3年に1回程度が目安となります。ただし、日頃全くケアを行っていなかったり、部屋に出しっぱなしにしていたりする場合は2年に1度程度にすることをお勧めします。
マットレスの口コミのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *